院内処方と院外処方(処方箋)の違いについて



診療で分かりづらい

院内処方と院外処方の違いについて簡単にご説明します。


初めての患者様に薬を処方する時、 院内と院外どちらを希望するか伺います。

大多数の方は何を意味するのか、どのような違いがあるのか、ご存知ありません。

確かに難しく多様なので、私も詳細を正確に答えることは出来ません。


大まかに言えば、

院内は、その名の通り、受付して戴いた医療機関(病院やクリニック、診療所など)で薬を直接お渡しする方法。

院外は、処方箋を薬局へ持って行き、薬剤師の先生から薬を戴く方法です。


貰う薬の内容は同じですが、薬局で戴く場合、薬局での待ち時間が必要ですし、また、薬剤師の先生のお手間を煩わせる分、お支払する自己負担金の差が少し発生致します。

院内のデメリットとしては、世の中に存在する薬全てを、院内に取り揃えて置くこと自体不可能であるということ。

しかし、使用頻度の高い薬が、院内には常備されています。

風邪や血圧、胃腸の薬など、ごく一般的な症状で受診される場合は、院内の方が断然有利でしょう。


院内のメリット:

1:待ち時間が少なくて済みます。

2:自己負担金が少なく済みます。

 (ケースにより異なりますが、差が1000円から2000円位まで違います。)

3:会計が1回で終わります。


院外(処方箋)のメリット:

1:薬剤師の先生から、薬の内容や飲み方を教えて貰えます。

2:他の科から貰った薬との重複や相性をチェックして貰えます。



全ての医療機関で、院内処方を受けられる訳ではありません。

むしろ、殆どの場合、処方箋を薬局へお持ちになるのではないでしょうか。

医療機関を受診した時、院内と院外を比較することが出来れば、ご本人の選択枝が増えるとと思います。


当院は院内処方が選択でき、お薬の待ち時間が楽になると思います。



※休診日:木曜・日曜・祝日

●旧住所/〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-33(2020年11月まで)
新住所/〒141-0021 東京都品川区上大崎3-5-2 The City 目黒3F(2020年12月より)

​●電話番号/03-3446-8686

JR目黒駅から徒歩2分の内科です

© 舘内記念診療所. All Rights Reserved.