夜中のパニック もう死ぬかと思ったアクシデント

最終更新: 6月16日

誰でも、「もうこれで一巻の終わりか!」と思ったことが、一度はあると思います。

一瞬でほっとする状況もあれば、暫くその不安が続く場合もあります。

不安が長く続くのは、嫌なものです。

頭の中で色んな思考が巡り、更に不安が膨らみます。



随分、前の話です。

その当時、戸建ての借家で暮らしていました。

設備は古く、風呂の燃料はガスですが、給湯ではなくボイラー。

水を風呂桶に溜めて、湯を沸かすタイプです。

まだ、息子らは大学受験生でした。



ある日、夜中に何となく嫌な空気で目が覚めました。

目が覚めたついでにトイレへ行こうと、二階にある寝室のドアを開けた瞬間、辺一面が真っ白です。

全く視界がなく、ドアの向こうは雲の中でした。

「エッ、火事?・・。 これだけ煙が凄いということは、もう既に一階は火の海かも知れない・・。 若しそうだとすれば、階段を降りることも出来ない・・。 屋根に上る方法はないし・・。 もう、これで死ぬのかも知れない・・。 煙で苦しい思いをするのか・・。 火の穂で熱い思いをするのか・・。」

想像が次から次に巡り、もう頭の中はパニック。

取り敢えず、側に寝ていた家内を起こし、狼狽える家内と共に大声を出し子供連を起こします。

「おーい! おーい! 皆、起きろー!」

すると、長男が隣の部屋から出てきました。

「何、どうしたのこれ?」

「分からん・・。」

「ちょっと床、湿っぽくない?・・。」

と遣り取りしていると、次第に冷静を取り戻してきます。



「余り、煙臭くない。」

「何か、下の方からポコポコ音が聞こえるみたい。」

というと、長男は一階の風呂場へ。

「風呂だ、風呂。 風呂、空焚き!」

風呂場を覗き込むと、湯は僅かに風呂桶の底でグツグツと沸き立ち、殆ど空っぽ。

ボイラーへ繋がる窯の金属と風呂釜のホーローが熱で焼け、真っ赤になっていました。



もう少しで火事を起こすところでした。

次男が深夜、風呂へ入ろうとし、追い焚きしたまま寝てしまったようです。

昔は安全装置などありません。

火事が未然に防げたのは幸いでした。

ドアを開けると、向こうは煙。

夜中のアクシデントは、本当にパニックです。


※休診日:木曜・日曜・祝日

© 舘内記念診療所. All Rights Reserved.

JR目黒駅から徒歩2分の内科です

●住所/〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-33

​●電話番号/03-3446-8686